手繰る

軸を、自分のほうへ


私ときたらそれはもう、
特定有数集団への愛が過ぎるなと
(故に特定固定異性関係がスーパーフラット空集合なのではないかという懸念)


だがしかし
交われど、常に融合することはなく
私は流行、あなたは世間


愛は愛として置いといて、
もう少し、私の内側のいろいろも育てて
もう少し、貪欲になってみようという表明を
ここに。


人生も(おそらく)折り返し地点過ぎたことですし


自転車はじめたり
お酒はじめたり
些細な一歩ですが、その一歩を踏み出すと
音を立てて世界が広がっていくもので面白い
なー。


それはそれとして師匠が欲しいので募集(チャリと酒の)

コメント

このブログの人気の投稿

【突発企画】重松と一緒に押谷崇史を推してくれプロジェクト【押推】

【公演情報】劇団翠星乱舞『アフター・レイン』

青鈍の底のスキマの話