投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

開店

イメージ
ようやくお目見えとなります。家酒場さんち、1年超の準備を終え、今週到着予定の看板が届き次第、プレオープンです。プレオープンなのでしばらくは画像の営業時間と実際のそれがズレるかもしれませんが、温かい目で応援いただけましたら幸いです。 pic.twitter.com/hqNkhSopJj — 家酒場 さんち (@CafePub_Sangchi) 2016年5月24日

めでたや。
やあめでたや。

家酒場さんち祝開店。
ロゴマークなどなど作成。
王将で油淋鶏食べながら打ち合わせしたなあ(おもいで)


みんなもいこう
※開店時間などは家酒場さんちTwitterで随時ご確認ください

REC REC こんにちは

イメージ
レイディオ終わりのウインナー

日付的には昨日。
ネットのラジオさんにおじゃまして収録してきました。
詳細はまた配信日あたりにお知らせできればのー
と思っております。
たぶん6月の隔週。

パーソナリティもほかのゲストちゃんも
10年以上のつきあいであり、
打ち合わせも本番も本番後もくそくだらないことを喋ってたので、
ハテ本番のときに話したのはどのアレだったっけ、
ってなっています。

えーとたしか21世紀やというのになぜ未だに
雨がふったら傘をささんとあかんねん
っていう話は本番でやった

あとちょっと感情がたかぶったとこがあったような。
なかったような。
またおいおい。

収録といいつつ
よーいどんで回って時間ぴったりで終わるやつなので
基本的にノー編集のグルーヴ感がライドオンなことになってると思います。




地下鉄の地下道
蛍光灯が歯抜けになってて「おお節電」と思った記念

センチメント

イメージ
夕暮れ遊園地

我ら約束の地、HらかたPーク。
京都から京阪利用だとGoGoチケットというのがお得。
フリーパスのおねだんの3倍くらい乗り物のりました。
びっちゃびちゃになったりフラッフラになったり。

程々に賑わってそんなに並ばずに乗れて
広さも高低差もいい塩梅。
年パス…年パスか…



10台に1台、黒いゴンドラ
には当たりませんでした。
ざんねん。


さて前にすすみましょう

(新人)王の血脈のスキマの話2

イメージ
ゆめのあと

ぜっとんちゃんズである久保内くん・郁恵ちゃん・悟志氏の3名以外、
実に11名の方と初共演、となりました。
年齢も出自も舞台経験も笑うくらいバラバラ。

このカオスどうなるんかしら、と思ったら。
ああなりました。

コレあれか、噂にきくケミストリーとかいうやつか。
だから芝居はすげえなあ。


未知数の可能性しかなかった座組が
全員の持てる力をギッチギチにふりしぼって
補いあい讃えあい切磋琢磨しあって
想定以上の何かを生み出したこと

と、

音響照明オペさんズが実にマメに稽古場に来てくださったことや
参加者以外のぜっとんちゃんたちが縁の下で剛力してくれたことが
尊くて尊くて、
この結実を御客様に届けることができて大感謝の巻です。





ゆめのキャスト位置

いわゆる「トメ」。
キャストクレジットのいちばん最後に我の名が。

あ、えっと、
「今回のオーバーエイジ枠」と呼び慣わされた私ですが、
このブログでも書きましたとおり、
正規の手順を踏んでオーディションを受けたので!
年齢も規定内だったので!(強調)
だから他の参加者と入口は一緒ですよほんとう


ですので
チラシを配ってもらったときにこのキャスト位置…!
ってなって

この位置はアレだ、
アレな役者さんの位置だ、
たぶん役者であれば一度はキャスト並びの最初に載りたいし
いつかは最後に載ってみたいと思うもの、
そこに載ってしまった、
と感じなくていいプレッシャーを感じてしまい
そりゃあふるえました。

(最初に載るのはおかげさまで小町で達成いたしましたありがとうございました)


感無量です。
トメにふさわしい役者として舞台に立てていただろうか。
それを考えるとまだ存分にふるえられます。
わー。
役者冥利というやつはときにアレです。
でも嬉しかったんだーい

(新人)王の血脈のスキマの話

イメージ
興国初代カンム王。 でした。

初演ではえいと氏がジャマイカプレデターとして(ちがう)好演。
私にはあのような強さは出せない。
ないものはなーい。

性差を考えるような役作りはほとんどやったことないのですが、
河瀬くんが「"母親"でいいすよ」というアプローチを示してくれたのは確実に光明であったです。

息子娘をそれぞれ陥れるまで、邪悪を漏らさぬようがんばりました(たぶん漏れてましたが)。
傀儡となったときに相手役との距離感を不自然にとばしてみるという課題も。
これで距離感酔いが終演までとまらないことこのうえなしでしたが


ていうかアレだ、
コレを書かねばだ、

前提として
参加する役者のなかで、初演『王の血脈』に参加していたのが私とさと氏のみ。
私は兵衛郡北伐遠征軍の隊長(ヒゲ)を演じましたのです。

さて、
顔合わせの日に台本が配られて読み合わせが行われました。
当日たまたま河瀬くんが来れなくて
暫定ではあるものの役者さんに各々「この役よんでね」っていう彼からの指示が伝えられ。
私、

隊 長 や り ま し た


好きだよ!
大好きなんだよ隊長!
だけど折角ならばちがう役に挑戦したい役者心!

配役決定前にいっぺん稽古場でも隊長やってっていわれたんで戦々恐々と
したなぁ…
したわぁ…


足もとは小町ちゃんに引き続きsousou足袋でした。 王特権。



簪はコレ、H&Mのキテレツなピアスを転用して作りました。 じゃらじゃらをつけたUピンをZの字形に折り曲げて刺すと落ちない! あと
団子の固定はUピンとアメピンを併用しました。 Uピンの頭の部分にアメピンを挟むようにすると固定力UP。 これを東西南北から中央にめがけて刺す刺す。
↓ →○← ↑
私の膨大な毛量をがっちり崩さず持たせてくれました。 そしてケープをかけたら耳についてずっとべったべたやった
もうちょっとつづく かも

王の帰還

イメージ
人間座天井

劇団ZTON新人公演04『王の血脈』全日程終了しました。
全部ぜんぶありがとうございました。


自宅でできうるかぎりの髪メイク準備をしてから家を出て
早朝開店の飲食店で台本を読みモーニングセットがっちょり食べてから小屋入りし
楽屋にはほぼ居着かず
ステージ前におにぎりをひとつ食べ
開場中に舞台裏でマグライトつけて台本を読み
終演後に即着替え即バラし
解散後帰宅してひと風呂浴びてのち打ち上げ入りする
という
いつもの流れ。
ルーティーーン。


打ち上げではここで書けない話しかしてないなあ…

ああー
久保内くんのピュアっ子かげんを目の当たりにして
おのがけがれをかえりみる一幕がありました。
まぶしい。
まぶしいよう。


あとためふさくんまわりのいろいろ。
殺陣道場発表公演のカオス。
DVDならんかな殺陣道場発表公演。




日本一声にだして読みたい森、糺ノ森(ただすのもり)。
どうか無事に怪我なく公演が終わりますように、と
勝手な願掛けを勝手に。


話したいことが、いろいろあるんだ

シネマティック

イメージ
エキセントリック☆ダイナマイト☆ちかさん

翻弄されるくぼうってい
の画

なんかミニシアター系の映画の情宣写真感がお気に入り。


稽古録をろくにできぬまま稽古あとちょっとで終わり。
初対面な人々とともにつくったらとんでもないものができました。
既にご予約で満員御礼ですが、
気負わず焦らずいつもどおりにやったります。