投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

王の血脈のスキマの話 3

イメージ
引き続き、隊長のこと

台本に「げきしぶ」と書いて
今回の目標といたしました

出世欲ドロドロで現状に不満タラタラで実力ないくせに偉そうで人情に厚くもあるが基本的に卑屈なおっさん

をやるために、
コメディの血を捨て、
緩和を入れない、
緊張緊張緊張でペース乱さず、
100%かっこつける、
100%げきしぶ


結果おもしろ
にしたいな、と。

しかしまあコメディの血が邪魔をするする。
そして
優秀な部下であるコジロウに淡々と接するべきとこで、
土肥くんから「優しくなってるからダメ」って言われて
わあ無意識で土肥くんに優しくしちゃうのか私は
って恥じ入ったりしておりました

そこで秘策。
背が高くなってみる作戦

ブーツに更に中敷きを足して、
実質プラス7cm程の詐称


視界が変わりました


単純ですね。
「男性の目線」を 物理的に 得るというコスさ。
結果、おれ偉い感をたっぷり味わいました

特に兵衛軍の酒宴にて、
ツカウとのコンビでやいのやいのするシーン
と、そのあとのスミトモがコジロウにせまるシーン

ツカウの隣で隊長は身長差に萌えておりました

ふたりで
あいつらびーえるだねとか
スミトモなぐられたときにぺぷしっていったねとか
結構好き勝手にオフ芝居をしていたのですが隊長はその実
「これが男性から見る女性なのかーすてらちっちゃかわいいー」
って思っていたよずっと

きもちわるいですね


あと、
個人的に肝入りの台詞が2つ。

ひとつは、ツカウとのコンビ芸にて
隊長揶揄されてからの「ひどい!」。

前述の、緩和せず緊張だけで押すという課題。
結構細かいというか、えーここで何をそんなに、っていう箇所ですが、
ツカウに押されながらも隊長がげきしぶであり続けるためには
ここのあたりが踏ん張りどころでした


そして、
ツカウの屍体を認めた後の「兵衛軍、引き上げるぞ」。

かつて、シサが御霊軍に出向する際。
その当時たぶん隊長であった彼は、
新隊長となるおっさん隊長にいろいろ引継ぎやったりして、
そのときに


「ツカウのこと、宜しく頼みます」


的なことをね、
言ってたんだろうなとおもうのですよ、
そのツカウがあのようなことになり


ああシサ、すまない


と、隊長は遺憾しきり、
しかし隊長であるので、
その感情を抱えつつ抑えこみ撤収する

という
げきしぶ体現の入魂台詞でございました


伝わっていたならば嬉しゅう…

王の血脈のスキマの話 2

イメージ
タケシバ隊長へのメタモルフォーゼ中

配役で旨味あるところを頂いて有難う河瀬くん、って
ZTON出させていただくたびに思います。

だってね!
何年も役者やってたって、
めったに演じることできないとおもうんですよ。
ヒゲのおっさん

おんなの身でありながら
ヒゲのおっさん

画像をご覧いただいたPんださん(宝塚歌劇にたいへん造詣が深い)から
レット・バトラーやん!
とまで言って頂けてひゃっほいってなりました

いやあ、女優の夢ですよね
ヒゲのおっさん


本番日の準備といたしまして、役者は各々の楽屋にてベースメイクまで済ませ、
順番にメイクさんに呼ばれてメイク部屋へ出頭し、さまざま拵えていただく
という手はずになっておりまして

隊長、結構トップめの順番だったので早々に出頭し
メイク完了後は主に楽屋でじっとしておりました

外出できないというのももちろんなのですが
廊下で技術スタッフさんとかとすれ違う際に
「え、コイツ誰!?」って二度見される事件が頻発し
これはもう驚かせてはイケナイな、と
おとなしくしておこう、と

(あと、お手洗いに行くときは周囲に
ひと気がないかどうかを結構気にしておりました)


んでもって、やはりこのメイクも一朝一夕で完成したわけではなく

メイク神T嬢とともに、今回アシスタントとして召喚されたMくんとN嬢
のうち、とてもおきれいなお顔立ちかつ常時キュートな笑顔で
主に男性役者陣を続々ノックアウトしていたN嬢が
隊長の顔と髪を担当してくれてて、

そのN嬢はメイクプランを考える際に
自宅にて

自らのおかおに
この隊長メイクを施して

T嬢に提出していたというのです
よ!

その話をお伺いした翌日。
N嬢の隊長メイク画像を見せていただきました。

もうね!
もうね!

くちもとがニヤリとしていて。
とても楽しそうな様子がにじみ出ていて。
隊長のむねは、げきあつだったのです。

N嬢が自分の顔にヒゲを描いてたその時間も、
『王の血脈』をかたちづくるピースのひとつ。


目に見えるものがすべてじゃない。


あともうちょっと語りたいのですがいいかなあ

王の血脈事件簿

書いて大丈夫そうなスキャンダラス裏話を書くコーナーです



【ぐっさん事件】

顔合わせ打ち入りにて
アンサンブル参加の辻井悟志氏のことを
何故か「山口」と呼ぶのが一瞬流行し、
稽古場でもしばらく「山口」と呼ばれ、
あまつさえ「ぐっさん」という渾名まで付いた

流行はほどなく収束し、呼称は無難に本名に定着した



【弓でボケて事件】

舞台・戦国BASARAにアンサンブル参加していた為房氏は
稽古期間の後半から参加(初日から台詞が入っていたのは流石)。
弓使い・スミトモを演じるにあたり、
常にその手には弓が握られていたが、
特に序盤、浜崎聡氏(TROUBLE PiECE)演じる賀茂の説明台詞中
間を埋めるため弓でさんざんボケたおしていた

稽古中に確認できたものは以下
・弓で魚を釣る
・弓をアブフレックス的に使って筋トレをする
・弓を櫂として船に乗り水面をこぎ進む

あと全く無関係だが彼はホール入り期間中に
自転車がパンクし
その2日後に
自転車のチェーンが外れる
という
異常な自転車運の悪さを周囲に見せつけていた



【西野カナ事件】

同じく舞台・戦国BASARAにて為房氏と共演、
今回ZTON初参加となった平野雅史氏(AND ENDLESS)from東京。
殺陣をはじめ様々な方面で手腕を発揮した。
そのうちの筆頭がトラップ技術である

久々に復活した前説劇場では進行役として
土肥氏にアドリブを強要し、
舞台上の役者が舞台袖の方向を見る演技をすれば
袖幕ギリの位置から笑わせにかかる。
小道具として登場した王家家系図の名前欄に
「北野スミトモ(演・為房氏)」
「北野スミノリ(演・図書菅氏)」
に続いて
「東野ケイゴ」
「西野カナ」
が混ざっていたのも
どうやら彼が秘密裏に動いた結果であるとかないとか

前々回『月は叢雲~』客演の音野氏もそうであったが
彼もまた稽古の合間にガンガンに京都観光を楽しんで下さった模様



【稽古場早入りすれ違い事件】

ある日の稽古場にて。
少々交通の便が悪い場所であったためか、
集合時刻の10分前にはほとんどの役者が到着し、施設入り口で待機。
すると施設の方のご好意により、定刻前に部屋を開けてもらえることになり、
先発組は早々に入室しウォーミングアップを開始

そして定刻。
オンタイムで稽古場に到着した一団は
施設入り口で
「みんなおせーな」
と待ちぼうけをくらうかた…

王の血脈のスキマの話 1

イメージ
俺たちの楽屋ロード(いつもの)

今回は最初からナンバリングしてみます。
続かなかったらごめんなさい。


記念すべき劇団ZTONナンバリング公演10回めであり
(エンタメストライクとか Project T とか RR とかいろいろ挟まる)
記念すべき年齢ダブルスコアな若者たちとの共演でした。
沙門とかさとしとかが1/2重松だったんだっけかな!
うん!

でも割と打ち上げのときまで年齢がばれていなかったようです。
勝ち負けでいえば勝ちということにしておきます。




俺たちの稽古場
「虎面」
「熊面」
「狼面」
「雀面」
「イム神面」

「閃光ブレード」=王の剣(光る)
「閃光ダガー」=狼族の短剣(光る)
「えび」=近衛兵の手甲(硬い)
「短剣」=王族の皆様が持ってるやつ(ショッキングピンクとか銀色とか)
「槍」=槍(長い)
「弓」=弓(ゆみ)

仮面や武器の種類としてはこれだけ出ましたか。
あと族長の杖やモロナじいちゃんの棒とかもありましたか。
ZTON小道具チーム内にて種類毎に担当が振り分けられ、
日々コツコツと作り上げられていきました。

衣装に至っては、延べ50着という噂(数えるのが怖い)。
こちらは衣装スタッフSTさんがおひとりで。
怖い。もう怖い。

怖くなったので今日はこのへんで勘弁してください

最後の世界へ

イメージ
劇団ZTON『王の血脈』全日程終了いたしました! 御礼方々御挨拶迄

見えるものが、すべてじゃない。

イメージ
ZTONズがとてつもない運動量で膨大な殺陣作ってたこと
アンサンブルズが夜の公園で闇会議をしてたこと
スタッフ陣が若手ベテランとりまぜて最強面子だということ


舞台をご覧いただく御客様には見えないところです。

でも、
私は知っています。
だからここでリスペクトです。
かっこいい!



目には見えない、いろんな要素が積み重なって、
この120分間が完成しました。


最後まで最高を目指します。
宜しくお願い致します。

やさしい盛

イメージ
いろいろあった…
あったんやで…

ホール入り初日に雨がざざヴりで、
携帯電話が濡れたみたいで、
ちょっと操作がにヴいなーと思いながら
お当番であったZTONブログの記事をPCで書いて
担当である劇団ZTONのスイーツ王子こと森王子に
お送りしようと思って携帯電話のデータから
メルアドを開いてメモって送って
そっからもどろうとしたらヴぃくともしない

という悲しい事件があったのです。
しばらくわたしの携帯電話の画面は
森王子のメルアドしか表示してくれなくなったのです。


という話をついっとしたらご本人から
甘いものをあげるから元気出しなさいよ、と
励ましのお言葉をいただきました。

で、
翌日ほんとうに甘いものくれました。
やさしい森

タイトルの盛はアレです
平家ものをやったときにナントカ盛くんがたくさんでてきたので
そういうなごりのやさしい盛


そんな彼が熱く大活躍する劇団ZTON『王の血脈』
なんとか初日の幕が開きました。

役者がみんな無事だというその事実だけで落涙できます

(厳密にいうと天丸くんが殺陣のおわりで手を踏まれたらしいけどだいじょうヴとおもう)
前売は各公演日の前日23:59まで買える!

みんなで、ちからをあわせて

イメージ
さすれば、どんな苦難の道でも

『王の血脈』稽古中動画

そいでから日付変わって本日より
ホールインですわっしょいわっしょい

「めんこをうつ!」っていう為房さんの指示と
「台詞をください!」っていうとーやの心の叫びが
稽古最終日のクライマックスでございました

前売は各公演日の前日23:59まで買える!

青い霹靂

いや、音は全然しなかったので霹靂ではないか


最後の通し稽古を終え、
公園に移動してダメ出しと闇練をしていたら、
空を青い光が一瞬照らして、
みんなわああってなって、

これはいいことがおこるアレにしようと、
勝手にそういうことにしますのでよろしくです

しかし今回も運動量的には超省エネのハズなのに
なんでこんなにカラダがばっきばきなのか不思議だぜ!



そういえば
天狼ノ星とは
シリウス
青星のことであったか

『王の血脈』御来場願い

イメージ
ヒロイン枠のむすめさん落描き。

「来てくれないと鉄拳制裁!」

とかは
しないですが
熱いことになってますので
あったまりにきてください

前売チケット予約受付中

『天狼ノ星』あらすじ紙芝居

イメージ
コンテと下描きをしたら
あとはすてらがペンと彩色を一晩でやってくれた!

ねようぜ!

14日のUst用に作成した「いままでのお話」的な紙芝居。
いずれ別途動画にてUPする予定があるとかないとかの話。

描いてる途中でなんでか
「オルカは海からあがったばかりでびっちゃびちゃ」説が湧いて
だからコンテのなかのオルカはびっちゃびちゃです。
あと為房くんだからめがねかけてます。

「オルカびっちゃびちゃ」って妙に語呂がいいので
みなさまも是非クチにだしてセイイエス。


同日は通し稽古もしましたのです。
いやあ噛んだよね!

まああの
本番直前の稽古でいきなり
それまで絶対やってなかった失敗をするというのは
いわば私のセオリーでもあるというかいつものアレっていうか

むしろここで失敗を出しきってホール入りするぜ、
っていう

ね!
それです。


4週連続Ust企画も終わり。
いよいよ来週土日月が『王の血脈』本番。
まだまだチケット買い放題

せまりくるすてら

こんなシーンはとくに本編にはでてこない!
いまならチケット買い放題

稽古と衣装とUstと

イメージ
11日は稽古と衣装合わせとUst放送の日でした。 あまりかんけいはないが自分の好きな画像を貼る。 それがおれのジャスティス
来週末ですよ!土日月ですよ! さあ、チケットをてにいれて

『約束~キミノアカシ~』イラスト

イメージ
物語のイントロダクションにあたるエピソードを
映像で見せる、的なシーンにて
イラストをいっぱい使っていただきました。

こういうのも描きますし
ああいうのも描きます。

なんかいろいろ絵柄あるので
やはり自分のコレ!という絵は
自分でわからなかったりしますね。

でもご好評いただいたようで嬉シャスです。
ありがとうございます。




この絵の左上あたりに

やつを混入
あのですね ここにやつをいれるようにとですね たってのご依頼をですね いただきましてですね ハイ

動く動け

反省3分 即行動

きのう通し稽古でした。
スタッフさんが来てくださってひととおり最後まで。

まだまだまだ
もっともっともっと

です


『王の血脈』は
激熱い物語に成ります。
きっと。

来て頂いた御客様に、
「俺もそっちにいきたい」
と思っていただけるような。


本日の稽古は皆様が殺陣とか回転とか回転とか殺陣とか
をやってらっしゃる間に、
起き上がる稽古を延々やっていたわたくしでした。
カットで起きる。
できるだけ早く起きる。
予備動作なしで起きる。

みどころです
よ!


稽古終わりでどうにもアレなので
起きるシーン以外のところを回しておこうと思い
ひとり公園にて闇練していたら、
若手たちがきて
若手会議をはじめました。

いやあ
稽古後も激熱いです。


ちょっとだけやすんだら、
また動いていきましょう

えび

イメージ
えび型の手甲なのです イラストにも描いたやつですね
武器いろいろでますよ! http://office-zton.com

緑川ゆきの世界

イメージ
夏に東京で原画展をやってて羨ましかーと思っていたら
大阪と福岡にもやってくることが決まったってんで
心待ちにしていましたが気付けば今日しかいけねんじゃね
ってなって動-shin終わりで急いで行ってきた次第


一枚の絵のなかで既に物語が動いているような感覚、
なぜだかわしづかみされて
投稿作から釘付けになっていた作家さんでしたが、
その当時の画が目の前にあること、
なんかもうゆめのようでした


カラー原画や漫画生原稿はもちろん
ネタ出しノートやキャラクターのラフなど、
作品の製作過程を惜しみなく伝える展示構成も
え、いいの? って感じです

当たり前ですが、ひとつのアイデアが形となるまでに
たくさんのアレコレを経ているのだなあ


あと、展示会場のあちこちに妖が隠れていたり、
巨大ニャンコ先生がいたり(畳2帖ぶんくらい)、
油断も隙もなかったのでした



うっかり過去作読み返しとかすると眠れなくなるからきをつけて!

トモダチ。

イメージ
動-shin 『約束』を観ました
ちょっとないちゃいました
おつかれさまでした

このとき実はZ戦士の
下半身のソーシャルメディアネットワークが
大全開になっていたことはぜったいにひみつ

客席にいらっさったたむたむ嬢とふたりで
Z戦士とレストランは卑怯だという結論に達した
その間2秒

というおさしんを掲載しまして
ともだちいっぱいいるんだからね!
というひそやかなアピールに
かえさせていただきます

稽古稽古稽古

もっともっともっと

鉄橋からきみへ

イメージ
走りだせ JR西日本


線路を超えて稽古場へ行き
線路を超えて稽古場を去る
本番までにもっと転ばなきゃ

http://office-zton.com/

動-shin 『約束~キミノアカシ~』

演劇プロデュース 動-shin
旗揚げ公演 『約束~キミノアカシ~』
http://www.do-shin.com

作・演出◎寺本奈央

日時◎2013年12月
6日(金) 19:00
7日(土) 14:00 / 19:00
8日(日) 13:00 / 17:00
開演45分前受付開始 30分前開場

会場◎大阪市立芸術創造館

料金◎ 前売 2300円 / 当日 2500円

---

スタッフ参加でございます。
ナニをやっておるかというと、
作中の映像にでてくる絵を描いております。

わかる人だけ知っているあの御方を描いたりもしております。


なおちゃん、Z戦士、H川くん と
長くお付き合いさせていただいている方たちと
改めて組んで仕事、というのもしみじみしあわせです。

みなさまぜひごらんくださいませ。

終演したらまた絵の一部でもチラみせしたい所存

日々是拉麺

Mすっと嬢とゆきずりの新福菜館
Mすっと嬢&音響・アプリ屋3橋くんと勢い一風堂
ZTONレギュラーはまさんとまっしぐらキラメキノトリ

ここのところラーメンづいていますSGMTですどうも

ていうかやっぱり京都はラーメンが旨いんだな!
だからしょうがないんだな!

絶賛増量中(自身が)

コンビネイション

コメディの血がアレとかいうことを書いた
その筆も乾かぬうちにアレなんですが。
コンビ芸よ。

今回の『王の血脈』、
主に王族チームと軍人チーム、あと神がおります。
配属としてはわたくし、軍部の地方支社の
支部長みたいなところにおります。

人数はけっこうおるので、
がっちりチームワーク!というよりは
シーン毎に流動的な組み合わせになったりしまして

そのなかでも
あ、これははじめてのコンビ芸だなと思ってるのが


我 対 岡本健くん

そして

我 対 高瀬川すてら嬢


なのです。
健ちゃんとはアレとアレのとこで、
すてらんとはあのへんの一連で。

ねー。
たのしみでしょう。

誰より私がたのしみなんですけどもね!

公演情報:劇団ZTON『王の血脈』

劇団ZTON
vol.10『王の血脈』

脚本・演出◎河瀬仁誌
企画・製作◎劇団ZTON
後援◎京都府・関西テレビ放送

日時◎2013年12月
21日(土)18:30
22日(日)14:00/18:30
23日(月祝)14:00
60分前受付開始、30分前開場

会場◎京都府立文化芸術会館

料金◎前売一般3000円 学生2000円/当日一般3500円 学生2500円

予約◎オンラインチケット予約(CoRich)
劇団ZTON、チケットぴあ、イープラス、京都府立文化芸術会館にて取扱

---

人々が精霊を信仰していた頃、
虎族の長カンムは精霊を排し、異教の神と”血の盟約”を結んだ。
盟約の力によりカンムは、興国の王となり、王の都を造り上げた。
100年後、
興国軍人のコジロウが配属された御霊軍とは、
信仰されなくなった精霊たちを討伐する特別編成軍であった。
血の盟約を巡る“神”と“人”の戦いの歴史。

---

ひみつへいきも導入されて
とうとう年齢差ダブルスコアの若人たちとともに
切磋琢磨しております私は軍人のおっさんを演じます。

おっさんです。

11回目となるZTONさん客演人生でございますが、
そのうち約半分程でおっさん役をいただいているので、

作演の河瀬くんが私のなかに
少なからずおっさんを見出しているのは
確実な線だと思うので、

その期待にも応えたいと思っておりますし
じぶんでもげきしぶなおっさんになりたいと、
コメディの血はしばらく封印しようと、
してみせると、

えーと
頑張ります