投稿

だいたいともだち

イメージ
いち現場に知人友人てんこもりのことありますよね。
本日とある用事で立ち寄ったとある会場がとある知人友人でてんこもりでした。

本番前のたいへんお忙しい中、出会い頭で相撲だの踊りだのにつきあってくださる貴殿や貴殿や貴殿、ありがとうございます。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



【趣味の製本】
先日Eみりーのとこで読ませていただいた脚本のコピーを製本しました趣味ですから

生誕

イメージ
あまりある毛量に耐えきれなくなったヘアブラシが折れる瞬間をあなたは知っていますか
わたしは知っています
なぜなら

洗い髪を乾かすべくドライヤーを掲げた際 冷風しか出なくなっていることに気付く絶望をあなたは知っていますか
わたしは知っています
なぜなら



そのときの日付を

わたしは

なぜなら

ギャラクシーギャラス

イメージ
吹きガラス工房でつくりましたガラス。


アイスをイントゥ。
この器ではアイスを食べなくてはいけないので アイスを買ってこなくてはいけません。

巡る糸

イメージ
今度はわたしが産まれる番です

自分史上最大客数の劇場にて、高校生ちゃんたちに観ていただきました。
授業の一貫で行われるアレです。
芸術鑑賞公演です。

本番前夜から仕込み、朝から粗通し午後イチ怒涛の本番へ。
全校生徒が一同に会して行うタイプのアレで、当然ながら、複数回なんてやらないわけで。
一発勝負。
いままで経験したことのない種類の緊張を味わいました。

ですがしかし。
いままでの劇場での公演だって、お客様にとっては一期一会であることに変わりはないのであるなあ、と改めてハアっとなりまして。
いちステいちステ大事に演じていかねばなと、えいえいと、思った次第です。

実は。
10年ちかく前にやらせてもらった役を再び演じるという、稀も稀なる僥倖を賜りました。
そうそうないのではないでしょうか。
自慢。

そして、
結構当時のことを覚えているものだなあと。
不思議な感覚でした。


共演者さんたちがこれまた手練も手練で、稽古期間はけして長くはなかったのですが濃厚でした。
たのしかったーーー

しかし殺傷能力のある武器を相変わらず持たせてもらえない未熟なわたしでしたよ

ひとりはなみきろく

イメージ
さみしくはないんだ

桜の見えるバーでのんだ記憶と鴨川で志津屋キメた記憶があります
京都最高

青鈍の底のスキマの話3

イメージ
2ステ目の気合い入れ。やるぞーオーのやつ。
音響オペれおくんが撮ってくれた、オペブースからみた我らのおしゃしん。
僭越ながら音頭とらせていただきました。
「さあわたしのからだをどこでもさわるがよい」
と言ってさしだしたのは確かにわたしですがあいつとあいつはほんま***。

わたし写ってはいけないものを持ってしまっていたので発光するわたし(三國学園徐庶先生ver.)で隠しておりますがどうかお気になさらず…



譜久村さんの陰陽寮建物探訪の話。

このシーン脚本にはなかったんですよね。
もともとはこう

・千賀が陰陽寮に新入りの双子姉妹をつれてきて譜久村立花に紹介
・千賀が譜久村に「陰陽寮のなかをふたりに案内してやってくれ」と頼む
・譜久村「じゃあ、行こうか」
・ト書き<譜久村、はける>
・双子の会話

です。

ホラ。
なんかスっとはけるよりも、具体的に2・3箇所くらい案内したくなりますやん?
ですよね?

やりました。
わたしがやりました。
譜久村役の菅原知香さんが稽古に来れなかったときの代役で。
わたしがやりました。

確かに戦犯はわたしです。
ローソンファミマセブイレだったり女子トイレ男子トイレ多目的トイレだったり第一食堂第二食堂カフェテリアだったり(いずれも名物はカレーうどん)、おもうさま陰陽寮内にいろんな施設を建造しましたよしましたよ。

しかしホラ採用したのは演出鍋田さんだから!
ここで絶対緩和をいれといたほうがいいから!
譜久村さんは陰陽寮のことを詳しく知ってて頼れる人なんだなあってわかりやすくなるし!
結果的に「双子の部屋で終着」という流れも作れたし!
(ちったんほんますまんで、でも役者としては絶対アレになると思てやな)

ちったんプランとしては
「しもて前ハケ/かみて前ハケ」
「シェフの気まぐれうどん/シェフの気まぐれそば」
の2種があった模様です。
あなたのご覧になった陰陽寮はどちらでしたか?

ちなみに立花の代役に入るときには全部サンシャイン池崎でやりました。
テンション!



とても怖かった話。

役者を始めて早*0年。
舞台出る前、ハケ裏での緊張はめっきりしなくなりました。
稽古場でやってきたことの積み重ねがすべて、急にうまくなるわけでもなし。
みたいな。
諦観のような。
凪のような。

しかしまあ今回はそれとは別の、
なんと言えば良いのか、一種、恐怖を感じながら待機し…

青鈍の底のスキマの話2

イメージ
今回なんと衣装・尋ちゃんがゲネプロのおしゃしんも撮ってくださったのであるほくほく。



ドウマンとセイメイ。

はてさてそうです配役です。
セイメイさんという大役をいただきました。
成長するセイメイさんの、肉体はいちばん成長しきったぐあいの頃合いのセイメイ(大)さん。
(中)さん=かなめちゃん、と(小)さん=はいじんちゃん、もいます。
時系列的には

セイメイ(中)

セイメイ(大)

<生まれ直し>

セイメイ(中)

セイメイ(小)

<死に戻り>

セイメイ(霊体)

<青の死>

セイメイ IN 命弥

となるわけですヒャーたいへん六重構造。
稽古場の隅っこにてセイメイ会議を執り行いました。
いつも心に他の二人を置いて、いま自分がどこのセイメイさんになっておるのかを忘れぬように。
ともするとワーなってましたが。主にかなめちゃんが(作者!!)。

重松よしこがセイメイを演じる、というよりは、三人の体をセイメイが渡り歩く、みたいなイメージでした。
外せない枷があるぶん、やりがいもありました。
他のおふたかたはどうだったかな。どうだろ。


そしてがっちょり絡む相手役としてのドウマンさん。上田さん a.k.a. 朋友長。
いやこの御方もかれこれ初対面から20年弱になりましょうか、しかしここまで絡むの初めてでしたね。
前回白いるか『朱に眠る』でも一瞬の邂逅でしたしね。
んでも事前にあんまり合わせなくてもなんでかしっくり稽古できました年の功。

陰陽寮の旗を振るセイメイ、彼女を支えるのは俺だと自負するドウマン。
しかしいつしか道は分かたれ、悲劇が始まります。

終盤、セイメイとドウマンの物語をもういちどなぞるラストアクト。
これは「ドウマン視点から見た物語」であるので、一発目のシーンとはちょっと見せ方を変えていたり。
三人称だと堂々として怖いもの無しのセイメイ。
しかしドウマン一人称となるラストアクトでは、ちょっとあやうい、足元がゆらぐような風味を足したりしました。
「あそこで俺がもっと強く止めていたら、あるいは」
と、思いたかった、ドウマンの、夢。

そいえばセイメイとドウマンの名前がカタカナ表記なのも。
「この物語はあくまでフィクションでありファンタジーである」
という作者さんの意図がある、とのことです。

セイメイ悲願の国崩し、果たして叶ったのでしょうか。どうかな。