投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

ゆうぐれ!

イメージ
すてき!

かぶりつき!

イメージ
さとみん!

うみ!

イメージ
ふね!

あまいもの!

イメージ
たべる!

うみであそぶ館

イメージ
きた!

Fすし!

イメージ
森小路ランチの王様や!
今日はカキ定や!
見巧者マスターと共に

東京カレー

イメージ
びんわんよろず舞台業・わかだんな様より。
よくぞご無事で!

天正のリア王事件簿

なんかひさびさだな!
『天正のリア王』事件簿


【甲冑パラダイス事件】
今作の目玉は甲冑を着用しての演技・殺陣。
普段、本番中の舞台裏は極力静かにするものだが、
今回は、そりゃもうなりふりかまわず
好き放題ガッチャガチャいわせていた。
甲冑着付け検定があれば全員1級確実

筆者が浜崎氏(弥三郎:信長家臣)の
甲冑解除補助に入った際、うっかり手甲を
防火バケツの水に浸してしまったのは
良い思い出

すみません


【いろいろ紛失事件】
甲冑に加え、衣装小道具転換もすさまじかった今作、
本番中の舞台裏ではいろいろなものが無くなっては現れた。
池田嬢の家康髪飾り、蜜氏の刀(銘:茄子丸=ちょっと紫だから)等。
茄子丸にいたっては紛失後厳重な管理がなされ、
待機中は「刀を触ったら殺されるよ」とメモが貼ってあった

その他、刀に関しては
必要本数に対して手持ち本数が足らず、
舞台裏で出番終わりの役者から
出番待ちの役者に刀をトスするという
アクロバティック・その場シノギ・システムが
採用された

しかし筆者がいちばんテンパったのは、
筆者の衣装換えの際、介助に入ってもらう予定の
梅子嬢が紛失した一幕(すっかり忘れて楽屋にいたっぽい)。
周囲からも
「あんなにテンパった筆者を見たことは無い」
と評判に


【disり台詞事件】
毎回恒例のdis合戦。
他人のおいしい台詞をスキあらば連呼する遊び。
今回は
押谷氏(長門:信長家臣)「後世にいぃ!」
玉一嬢(蘭丸)「いーよぉー」
がdis人気を二分した模様。

イントネーションで言うなら野田嬢(お濃)の台詞
「それもこれも、」
がしばらくなまりっぱなしだったことにも一同ハラハラしていた
(メロディーで言うと「てんやわんや」と同じ感じ)


【為房の心折れる事件】
著者(将軍)と為房氏(林:信長家臣)の
心あたたまるアドリブシーン。
将軍の
「ヒマつぶしに●●をよこせ」
「ムリです」
「じゃあおまえが形態模写をせよ」
というムチャぶりに家臣が疲弊する。
ムチャぶりネタは稽古場で振ったものもあり、
本番直前の客入れ中の楽屋で勝手に決めたものもあり

ネタ順:
1ステ=モンハン
2ステ=モンハン
3ステ=ワンピ全61巻
4ステ=モンハン ※僕の考えたモンスター篇
5ステ=テトリス

4ステにて新種モンスター
「キツツキリス」が誕生。
その後、伝説として語り継がれることとなる


【△事件】
ワルサー嬢(長政:近江国主)が
「アンケートに"ワルサー△"って書いてあった…
 △=…

本夜

本番やってきましたの夜。

いつもいつも、
いろんな方々の手を借りて芝居ができるということを
ありがたいと思っています。

だけど今回は、特に、改めて、
思いを新たにしております。
実感として、このてのひらに。

脚本ができて、稽古して、
ホールがあって、スタッフさんが音と灯りと舞台をつくり、
お客様がいて、はじめて。
劇団ZTON『天正のリア王』は、本日、できあがりました。

有り難いです。
ありがとうございます。

あと2日、4ステ。どうかできあがりますように。


終了後、観に来てくれた新婚様とゴハン。
この幸せもかみちぎって咀嚼して、
明日もがんばりますぜー

前夜

初めてUstで喋ったりもしましたよ。
劇団ZTON『天正のリア王』まもなく開幕。

降り注ぐあれもこれも
全部飲み込んで吐き出そう。