王の血脈事件簿

書いて大丈夫そうなスキャンダラス裏話を書くコーナーです



【ぐっさん事件】

顔合わせ打ち入りにて
アンサンブル参加の辻井悟志氏のことを
何故か「山口」と呼ぶのが一瞬流行し、
稽古場でもしばらく「山口」と呼ばれ、
あまつさえ「ぐっさん」という渾名まで付いた

流行はほどなく収束し、呼称は無難に本名に定着した



【弓でボケて事件】

舞台・戦国BASARAにアンサンブル参加していた為房氏は
稽古期間の後半から参加(初日から台詞が入っていたのは流石)。
弓使い・スミトモを演じるにあたり、
常にその手には弓が握られていたが、
特に序盤、浜崎聡氏(TROUBLE PiECE)演じる賀茂の説明台詞中
間を埋めるため弓でさんざんボケたおしていた

稽古中に確認できたものは以下
・弓で魚を釣る
・弓をアブフレックス的に使って筋トレをする
・弓を櫂として船に乗り水面をこぎ進む

あと全く無関係だが彼はホール入り期間中に
自転車がパンクし
その2日後に
自転車のチェーンが外れる
という
異常な自転車運の悪さを周囲に見せつけていた



【西野カナ事件】

同じく舞台・戦国BASARAにて為房氏と共演、
今回ZTON初参加となった平野雅史氏(AND ENDLESS)from東京。
殺陣をはじめ様々な方面で手腕を発揮した。
そのうちの筆頭がトラップ技術である

久々に復活した前説劇場では進行役として
土肥氏にアドリブを強要し、
舞台上の役者が舞台袖の方向を見る演技をすれば
袖幕ギリの位置から笑わせにかかる。
小道具として登場した王家家系図の名前欄に
「北野スミトモ(演・為房氏)」
「北野スミノリ(演・図書菅氏)」
に続いて
「東野ケイゴ」
「西野カナ」
が混ざっていたのも
どうやら彼が秘密裏に動いた結果であるとかないとか

前々回『月は叢雲~』客演の音野氏もそうであったが
彼もまた稽古の合間にガンガンに京都観光を楽しんで下さった模様



【稽古場早入りすれ違い事件】

ある日の稽古場にて。
少々交通の便が悪い場所であったためか、
集合時刻の10分前にはほとんどの役者が到着し、施設入り口で待機。
すると施設の方のご好意により、定刻前に部屋を開けてもらえることになり、
先発組は早々に入室しウォーミングアップを開始

そして定刻。
オンタイムで稽古場に到着した一団は
施設入り口で
「みんなおせーな」
と待ちぼうけをくらうかたちとなり、

定刻を5分程過ぎた頃、
オンタイム組が異変に気づき
「なぜ我々を放置し既に入室しておるのだ」
と憤って稽古場になだれ込み
早め到着組と対立、一触即発状態になったのであった

(みんななかよしです)



【めんこをうつ事件】

為房氏の名言。
こちらもZTON初参加となる小林まゆみ嬢(KAIKA劇団 会華*開可)に対し
アクトシーンの振り付けを行っていた際、前方に向けてインパクトを放ちながら
手のひらを差し出す仕草をさして

「めんこを、うつ!」

という指示を出しており
その尋常ではない昭和臭に心を動かされた役者の間で一瞬流行った
(主に私とみおちゃん)

この他、振りや殺陣の共通言語としては以下のものがある

「おにく!おにく!」=狼が生贄を短剣で繰り返し刺す
「フリーダム」=ゆかこが光る剣に放射状に刺される(出展:ガンダム)
「9時3時(あるいは3時9時)」=エグザイル状態で光る剣を水平←垂直→水平に動かす



【台詞をください事件】

今回はいつにもまして脚本ががしがし改稿されていき、
稽古が進むなかで河瀬氏が
「ここの台詞はまたあとで足します」
と保留を告げることも多々あったことを発端とする悲しい事件

主人公より一世代前の登場人物である「旧・御霊軍」の3名を
鈴木嬢・図書菅氏・門石氏が演じることとなり、
稽古期間終盤には、この3連殺陣の合間に
それぞれの台詞が足されることとなった。

鈴木嬢が「ごめんね、アキラ…」と死に
菅氏が「やられちまったよ…」と死に、
さて門石氏が登場。
渾身の力を込めて台詞を。


「お願いです…」

「…」

「ここの…」


「台詞を、ください…!!!!」


溜め具合も熱量も完璧であり、
未だまみえぬ保留台詞に対する彼の只ならぬ思いがダイレクトに伝わる良きシーンとなり、
一同、胸を打たれまくったのであった

(きちんと普通の台詞がつきました)
(ちなみに菅くんが「駆逐してやる!」といってた箇所も本番で普通の台詞に修正されました)
(よかったね!)



【ジャマイカ事件】

出田氏演じるカンム王の髪型がまさかのドレッドヘアで
(地毛を編んだうえでドレッド付け毛を装着)
(前回『天狼ノ星』で天チュク地チュクが付けてたものでもある)
当然「ジャマイカ」と呼ばれカリブ海の風が吹きあれた

前説劇場にてラジカセを肩に担ぎ
ラップ唄って出てくる予定もあったとかなかったとか


---


あと些末事としては
OPの狼ダンスを舞台袖でも有志で勝手に踊ったり
私と上蔀くんの携帯電話が相次いで壊れたり
(私のは微妙に復活しましたが)
あさばさんがゆかこと同じ壊れ方をするタイプであると判明したり
(ゆかこが先に壊れたら大丈夫だったみたい)
槍の回し方をみんなで練習したり
このあたりの歌詞が「沙門フライ」に聞こえたり

したなあ…


全体をまきこんだ事件のうち、書けるのはこんなところで。
あとはまた個人的なスキマ話を書いてみましょうか

コメント

辻井悟志 さんのコメント…
山口は流行がさってくれてよかったです(笑)
SGMT さんの投稿…
うっかりすると10年くらいその名で呼ばれるというパターンもありえますからのう…

コメントありがとうござりました!

このブログの人気の投稿

【突発企画】重松と一緒に押谷崇史を推してくれプロジェクト【押推】

【公演情報】劇団翠星乱舞『アフター・レイン』

青鈍の底のスキマの話