Baby, Baby



BABY-G Reef BGR-200


だいぶ昔に貰ったもの。
1998年とかそのあたりかと…

基本的に腕時計ってあまりつけなくて、
たまに芝居の前説やる際に時刻確認で使うくらいで、
たぶん10年くらい放置してて
もう液晶表示が#CCC()くらいの薄さになって

このまま置いててもアレだしなー
町の時計屋さんで電池交換お願いしようかなー

とかのんびりかまえておったのです
が!

なんか
防水仕様だとメーカー送りになるというウワサや
そもそも型が古すぎてメーカーも修理受け付けてないとか
そんな話がネットの海に漂っており


どのみちアレなんなら自分でやっちまえ!


という訳でやっちまった次第です。
メガネ用ドライバと
CR1616電池と
再びネットの海で拾った諸情報にて完治。
しめて300円ちょい。

電池外すためのひっかけポイントが
ちょっとどうかと思うほど狭く小さかったので、
しばらく見つけられず狼狽えましたが
(ドライバではとどかなかったのでマチ針を導入)、
ピンセットないとだめかなーと思っていたデジタルリセットのショートも
ドライバ2本をクロスさせて突っ込んだらできたし

やってみるものです。
トラコンもそうですが、
ちょっと手をかけてデバイスを復活させるの楽しい。

工具が増えていくのは…
まあ…
ええやん


手首に汗疹出やすいので
リストバンド的なものを探して上からまこうかな

コメント

このブログの人気の投稿

【突発企画】重松と一緒に押谷崇史を推してくれプロジェクト【押推】

【公演情報】劇団翠星乱舞『アフター・レイン』

青鈍の底のスキマの話